OG塩崎優衣、平野優芽両選手の対談が実現

 東京都庁の企画で、杉並少年ラグビースクールOGの塩崎優衣平野優芽両選手の対談が実現しました。7人制女子日本代表主将の平野選手と、15人制日本代表でW杯出場経験がある塩崎選手。所属チームが異なるため「敵」として対戦することが多い2人ですが、「一緒のチームでもプレーしてみたい」と語り合いました。

塩崎優衣選手
平野優芽選手
11年前の菅平合宿。前列右端が平野優芽選手、右から3人目が2学年上の塩崎優衣選手

OG塩崎優衣さん、平野優芽さん、小西想羅さん情報

①塩崎優衣さん

杉並少年ラグビースクールOGの塩崎優衣さん(15人制女子日本代表)が9月30日、杉並区の友好都市であるオーストラリア・ウィロビー市から来日したチャッツウッド・ジュニアラグビークラブ(CJRC)の歓迎会にゲストスピーカーとして出席しました。

詳報

②平野優芽さん

OGの平野優芽さん(7人制女子日本代表)の杉並区長表敬訪問の様子が、広報すぎなみ10月1日号(10面)に掲載されました=写真。

広報すぎなみ10月1日号4~11面(PDFが開きます)

また、平野選手は9月29、30日に行われた「アジアラグビー女子セブンズシリーズ2018」第2戦韓国大会に、女子セブンズ日本代表(サクラセブンズ)として出場。日本は決勝でカザフスタンに勝ち、優勝で大会を終えました。

日本ラグビー協会HP

③小西想羅さん

OGの、小西想羅選手(15人制女子日本代表)の記事が、発売中のラグビーマガジン11月号156ページに掲載されています。また、平野選手の記事も152ページに載っています。

※つづきは、ぜひ購入してお読みください。

OG塩崎優衣さんが女子W杯日本代表に

日本ラグビー協会は2017年7月30日、女子15人制W杯日本代表選手28人を発表。杉並少年ラグビースクールOGの塩崎優衣さん(慶応義塾大2年)もFWで選出されました。

塩崎さんらサクラフィフティーンは、8月9日にアイルランドで開幕する「女子ラグビーワールドカップ2017 アイルランド大会」に出場します。みんなで、応援しましょう。

塩崎さんはこれまで国際試合2試合に出場。現在、女子日本代表は男子のような「キャップ制」を採用していませんが、将来導入されれば、塩崎さんは9日の初戦、強豪フランス戦で「3キャップ目」を狙うことになります。

OG塩崎優衣さん、日本代表候補の英国遠征へ

日本ラグビー協会は5月24日、15人制女子日本代表(サクラフィフティーン)候補を発表し、杉並OGの塩崎優衣さん(東京フェニックスRC、慶應義塾大2年)が昨年12月に続いて選出されました。

塩崎さんは5月29日(月)~6月13日(火)、アイルランド、ウェールズへの強化遠征に参加します。8月に開催される「女子ラグビーワールドカップ2017アイルランド大会」に向けて、活躍が期待されます。

同じくOGの小西想羅さん(國學院栃木高校3年)は故障のため、候補から外れましたが、復調が期待されます。

12/5 OG2人が練習に来てくれました

 12月5日の練習に、杉並少年ラグビースクールOG2人が来てくれました。写真中央は、今夏の東京五輪に出場し、先月から7人制女子日本代表の主将になった平野優芽さん(日体大4年)。写真左は、きのう3年ぶりの関東大学ラグビー対抗戦グループ優勝を決めた帝京大ラグビー部のマネージャー、掛川雪乃さん(4年)。この2人、小学生の時に同学年で、一緒にプレーしていました。

 写真右の杉並少年ラグビースクール谷口史雄監督が着ているのは、掛川さんがデザインした帝京大ラグビー部のTシャツです。谷口監督は上着を突然脱いで、下に着ていたTシャツをサプライズ披露。味な演出で歓迎しました。

 掛川さんは毎朝5時起きで大学グラウンドに通って朝練の準備をする生活を、4年間続けた頑張り屋さん。2019年7月の「FEEL TEIKYO 帝京タグ教室」でもお世話になりました。掛川さんは秩父宮ラグビー場で大学の試合をする時に、場内アナウンスもマネージャーの仕事として担当しているんですよ。 

たくさんの後輩たちと

 上の写真は11年前の菅平合宿。最前列左端が掛川さん、右端が平野さん。この写真、登場人物たちがすごいんです。平野さんの隣は15人制女子日本代表経験がある小西想羅選手(青山学院大4年)、小西さんと掛川さんの間は、同じく15人制女子日本代表経験がある塩崎優衣さん(東京山九フェニックス)。掛川さんの斜め後ろはジュニアジャパンの小池隆成選手(東海大4年)。後ろのほうに平野さんの弟の平野雄紀選手(専修大1年)と、掛川さんの大学の後輩でもある崔然武選手(帝京大2年)も写っています。

 小池選手と平野選手は、今年10月16日の関東大学ラグビーリーグ戦グループで直接対決。平野選手が小池選手をタックルする場面がありました。2人は3歳差なので、2学年刻みでチーム編成をする小学生時代に、一緒にプレーした経験はありません。小池選手が4年生で平野選手が1年生の今年限りの対戦が実現しました。昔を知る杉並少年ラグビースクールのコーチたちからすると、夢のような出来事です。

 小池選手の東海大はリーグ戦を4連覇。入学から卒業まで優勝し続け、トライシーンの写真が新聞各紙のWEB記事に載りました。専門サイト「ラグビーリパブリック」には「FWの柱だ。最近では発言力も増している」と載りました。

平野優芽選手(左)と一緒にトレーニング
幼児の練習に加わる平野さんと掛川さん
中学年の練習

OB中村駿太選手が日本代表候補入り

中村駿太選手(サントリーサンゴリアスサイトから)

杉並少年ラグビースクールOBの中村駿太選手(27)が、日本代表候補に入りました。日本ラグビーフットボール協会が4月12日、発表しました。

中村選手は桐蔭学園から明治大主将を経て、2016年にサントリーサンゴリアスに入部しました。ポジションはフッカー(HO)です。これまで高校日本代表、20歳以下日本代表、ジュニアジャパンと各年代で代表を経験してきました。フル代表(候補)は初となります。

今回発表された男子日本代表候補選手は52名。ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチは「35名の最終スコッドは、トップリーグ決勝が終わってから5月24日に発表したい」とコメントしています。狭き門ではありますが、ぜひ選考に残って6月のスコットランド遠征で英4カ国連合チームの「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」と対戦してほしいです。

杉並少年ラグビースクールの卒業生からはこれまで、女子15人制日本代表に塩崎優衣選手小西想羅選手が、女子7人制日本代表に平野優芽選手が選ばれています。

→サンゴリアスのサイトに載った中村駿太選手インタビュー

世界に挑むOB・OGたちの熱い夏

大学生のスポーツの祭典「第30回ユニバーシアード夏季競技大会2019」(7月2~9日、イタリア・ナポリ)に出場するラグビー7人制日本代表に、杉並少年ラグビースクールのOBとOGが選ばれました。
平野優芽(ゆめ)選手(日本体育大2年)は女子の主将を務めます。齊藤大朗(ひろあき)選手(明治大3年)は男子の新星です。

選手名簿と大会日程

東京中日スポーツの記事に2人の写真あり

一方、15人制女子日本代表「サクラフィフティーン」には、小西想羅(そら)選手(青山学院大2年)と塩崎優衣選手(慶応義塾大4年)が選出されました。女子日本代表はオーストラリアに遠征し、7月13日と19日に世界ランク6位の女子オーストラリア代表(ワラルーズ)と対戦します。

選手名簿と試合日程

さらに、U20(20歳以下)日本代表には、小池隆成(りゅうせい)選手(東海大2年)が選出されました。U20日本代表は、7月9日(火)~21日(日)にブラジルで行われる「ワールドラグビーU20トロフィー2019」に出場します。

選手名簿と大会日程

 

オーストラリアの中学生21人が杉並遠征

杉並区の友好都市であるオーストラリア・ニューサウスウェールズ州ウィロビー市からチャッツウッド・ジュニアラグビークラブ(CJRC)の中学1年生21人がきょう2018年9月30日、来日しました。10月8日まで区内などにホームステイし、杉並少年ラグビースクールの中学部や私立國學院久我山中、私立成城学園中などと対戦します。

午後4時から杉並会館マツヤサロンで歓迎パーティーが開かれました。杉並少年ラグビースクールとウィロビー市のラグビーチームの相互交流は1998年に始まり、ちょうど20年。田中良区長は「長く続く交流は、それを支える人々が日豪双方にいるから。今日来た皆さんも大人になったら、支える立場に回ってほしい」とあいさつしました。

杉並少年ラグビースクール国際交流20年の歴史

井出隆安教育長は「1カ月前にウィロビー市に行って新しい友達が増え、一緒にお酒を飲んだ。CJRCのコーチ2人です。再会を楽しみにしていました。ようこそ杉並へ」と歓迎しました。

今日のゲストスピーカーは、杉並少年ラグビースクールOGで女子15人制日本代表「さくらフィフティーン」の塩崎優衣選手(慶応義塾大3年)。オール英語で歓迎スピーチをして、CJRCの選手たちから拍手を浴びていました。

杉並少年ラグビースクールの歩み

2022年 4月 杉並子どもラグビー体験教室開催(第32回 杉並区後援)
2022年3月 第14回ヒーローズカップ決勝大会に初出場。全国6位に
2022年1月 OB齊藤大朗選手(桐蔭学園高→明治大→豊田自動織機)がリーグワンデビュー
2021年8-9月 OG平野優芽選手が東京五輪に出場。10月から女子7人制日本代表「サクラセブンズ」の新主将に。
2021年2月 OB笹川大五選手(明大中野高→明治大→リコー)がトップリーグデビュー
2019年7月 「第30回 ユニバーシアード夏季競技大会 2019」のラグビー競技(7人制)で、日本が男女ともに初の金メダルを獲得。OB齊藤大朗選手とOG平野優芽選手が出場
2018年 9月 第14回国際交流 = CJRC*招聘 *CJRC:豪州ウィロビー市のチャッツウッド・ジュニア・ラグビー・クラブ
2018年 9月 OGの平野優芽さん(日本体育大)が女子7人制日本代表「サクラセブンズ」の一員としてジャカルタ・アジア大会女子7人制ラグビーに出場し、日本の初優勝に貢献。杉並区長を表敬訪問。
2018年 4月 杉並子どもラグビー体験教室開催(第26回 杉並区後援)
2017年  9月 OB三宮累選手(東京高校→中央大→NTTコム)がトップリーグデビュー
2017年 3月 「第3回シャイニングアークスカップ」ボウル戦で優勝
2017年 3月 創立30周年記念式典(日本代表レメキ・ロマノ・ラヴァ選手トークショー)
2016年 12月 OGの塩崎優衣さん(慶応義塾大)が女子15人制日本代表「サクラフィフティーン」で初キャップ。杉並少年RSの男女を通じて、初のフル代表に
2016年 8月 第13回ラグビー国際交流 オーストラリア・ウィロビー市遠征
2016年 9月 OB中村駿太選手(桐蔭学園高校→明治大→サントリー)がトップリーグデビュー
2012年 3月 創立25周年記念式典(藤島 大氏講演)
2007年 11月 ラグビー・マガジンMicroSoftカップ関東大会 Bブロック優勝
2007年 3月 創立20周年記念式典(日本協会公認A級レフリー 下井真介氏講演)
2003年 9月 「トップリーグ元年」。サントリーの新人で杉並少年ラグビースクールOBの上村康太選手(國學院久我山高校→早稲田大)が開幕戦デビュー。2009-2010年度シーズン限りで現役引退
2002年 11月 創立15周年式典(早稲田大前主将 中竹竜二氏・左京泰明氏講演)
1998年 7月 第二回国際交流 = オーストラリアNSW州チャッツウッド 遠征
1998年 5月 杉並少年・少女ラグビー教室開始(第1回 杉並区教育委員会後援)= 以後毎年開催
1998年 3月 創立10周年記念としてオーストラリア・チャッツウッド校招聘(第1回国際交流)
1994年 4月 スクール第1期卒業生が卒業し、高校へ進学
1993年 4月 ジュニア(中学生)チーム編成
1992年 7月 創立5周年記念式典(慶応義塾大総監督上田昭夫氏 講演)
1990年 5月 東京都ミニラグビー交流大会初出場
1987年 11月 山田宏校長、重田裕次郎ヘッドコーチ他でスタート