国際交流

杉並少年ラグビースクール開校10周年の記念事業として、杉並区の友好都市であるオーストラリア・ニューサウスウェールズ州ウィロビー市とジュニア(中学生・U-15)のラグビー交流を行うことしました。当初は対戦チームとして、ウィロビー市立チャッツウッド校を地元有力者より紹介して頂き、1998年3月に招聘、同年7月に遠征が行われました。
その後、チャッツウッド・ジュニアラグビークラブとの交流が継続的に行われており、2016年8月には第13回となる交流(小学生の訪豪)が行われました。また、次回2018年度は同クラブの招聘(中学生の来日)を予定しています。小学生レベルのラグビーの外国遠征は、日本では他に1スクールのみという貴重な機会です。

本交流は、私ども民間の団体が行っているものでありますが、ウィロビー市や杉並区において十分認知されており、杉並区交流協会の共催事業となっております。交流の目的は、ラグビーという共通のスポーツを通じて、異文化に触れることであります。ラグビーはお互いに体と体を、闘志をぶつけあう競技であると同時に、「ノーサイド」の精神を尊重するものでもあります。子供達はこれを誰から指示される事なく実践しております。

交流の実施に当たりましては、数多くの方々のご援助・ご協力の元に実現しております。本交流の主旨をご理解していただける方々がいるからこそ実現できるものであり、今後とも皆様にご協力頂ける様、子供達のための交流を継続していく所存です。

2017年4月

2013年8月、豪州ラグビー協会を表敬訪問し、歴史あるブレディスロー杯(豪州とNZの対抗戦勝者に贈られる)と対面

2016年8月、訪豪を前に、杉並区長を表敬訪問

杉並区HP

毎日新聞記事