マウスガードを作ろう

写真提供:三宅歯科医院

杉並少年RSは2013年度から、小学3年生以上の「マウスガード」装着を義務化しました。

コンタクトプレーの多いラグビーでは、顔面や頭部に怪我をする危険があり、衝撃を緩和するマウスガード装着が必要であると考えています。
杉並RSの選手達がお世話になっている三宅歯科医院は「市販のものではなく自分の歯に合ったカスタムメードのマウスガード作成」を呼び掛けています。

強い衝撃から歯や顎を保護するマウスガード。接触型スポーツであるラグビー選手が装着すると、歯の損傷、あごの骨折、脳震盪の防止に役立ち、瞬発力や集中力を高めるという効果もあります。自分の身を守るためにも、練習や試合の時にきちんとマウスガードを装着する必要があります。

★ 費用:以下の3歯科医院のご協力

をいただき、初回作成時に約5,000円かかりますが、杉並少年ラグビースクール在籍中(中学3年まで)は、成長に合わせて

何度でも「無料」で作り替えられます

受付で「杉並少年ラグビースクールの生徒」であると伝えてください。

(1)阿佐ヶ谷:三宅歯科医院

住所: 杉並区阿佐ヶ谷北1-27-7  JR阿佐ヶ谷駅から徒歩約5分
電話: 03-3223-8215 HP: こちら

(2)中野区野方:三宅歯科医院野方診療室

住所: 中野区野方5-30-20     西武新宿線 野方駅徒歩約10秒
電話: 03-5373-4618 HP: こちら

(3)中野区弥生町:南中野小川歯科クリニック

住所:中野区弥生町4丁目4−15 HP: こちら