3/14改訂【スクール方針】新型コロナウイルス感染症への対応について

杉並少年ラグビースクールでは、新型コロナウイルスの日本での感染拡大を受け、下記の通り対応方針を決定いたしました。

【1.スクールの対応方針】
1. 2/28(金)~3/31(土)まで、スクールとしての活動(練習・試合・自主練)は休止する
2. 4/4(土)の運営会議にて、その後の活動の再開、若しくは、休止継続を検討する
3. 4月以降の活動については、杉並区立小中学校の授業再開時期と歩調を合わせる。

【2.スクールの対応方針の背景】
2/25(火)に政府の基本方針が発表され2/27(木)には、安倍首相より全国小中高及び特別支援学校について、3/2より、春休みまで臨時休校するよう要請するとの発表がありました。当スクールでは、当初より近隣の学校・幼稚園・保育園の休校が発生した場合は、校長及び監督協議の上、対応を判断することとしておりました。この度、全国小中高及び特別支援学校の休校要請が発表されたことを受け、活動休止を判断いたしました。

3月14日に運営会議を開き、新たに上記3方針を決めました。

【3.日常の感染予防についての徹底の依頼】
杉並少年ラグビースクールでは、スクール生、保護者、コーチの皆さんには下記の、対応をお願いしており
ます。
(1)手洗い、うがいの励行
外出先からの帰宅に際しては、帰宅直後の手洗い・うがいを徹底する。
(2)人込みや閉鎖空間でのマスクの励行
人込みや閉鎖空間(ラッシュアワーでの電車内・バス内など)については、マスクの着用を励行する。
(3)体調管理
寝不足や不規則な生活を避け、規則正しい生活を心がける。
昨年来のラグビー人気の隆盛に伴い沢山の体験参加のご依頼を頂いているなか、スクールとして活動休止を
判断せざるを得ない判断に至ったことは誠に残念です。近いうちに活動が再開されましたら、皆様に、ラグ
ビー心から楽しんでいただける環境を提供したいと考えております。
何卒、ご理解のほどよろしくお願い致します。

以上

2020年3月14日
杉並少年ラグビースクール校長
宮島郁夫