OB小池隆成選手、トヨタ入り

 杉並少年ラグビースクールOBの小池隆成選手(東海大4年)が4月から、リーグワン「トヨタヴェルブリッツ」に加入します。同クラブが3月8日、発表しました。
 U20日本代表、ジュニアジャパンでも活躍したLO、FL。「歴史あるトヨタヴェルブリッツの一員になれることを、うれしく思います。ルーキーらしく何事にもチャレンジし、チームの優勝に貢献できるよう日々精進致して参りますので、応援の程よろしくお願いします」とコメントしています。
 小池選手は小学生時代にラグビーをやりたくなくて、杉並少年ラグビースクールの練習を脱走することもしばしばでした。そんな小池選手が今や188cm、106kgのリーグワンプレーヤーです。杉並の後輩たちにとって励みとなる(?)逸話です。

OB小池隆成選手、大学選手権準決勝に挑む/ラグリパ記事

小池隆成選手=J SPORTS映像から

 杉並少年ラグビースクールOBのLO小池隆成選手(東海大4年)は2022年1月2日、ラグビーの大学選手権準決勝で明治大と対戦します。
 専門サイト「ラグビーリパブリック」に、小池選手の記事が載りました。

→「ラグビーリパブリック」記事

OB小池隆成、中村大地両選手の同級生対決が実現

小池隆成選手(J SPORTS画面より)
中村大地選手(J SPORTS画面より)

 杉並少年ラグビースクールが初めて全国大会にコマを進めた直後、大学選手権準々決勝で同級生同士のOB対決が実現しました。関東リーグ戦優勝の東海大でLO小池隆成選手(4年)は、この日も攻守に活躍。東海大リードで迎えた後半33分、関東対抗戦4位の慶應義塾大は、BK中村大地選手(4年)を途中出場させました。

 2人がマッチアップする場面はなかったものの、リーグ戦グループと対抗戦グループの両校が公式戦で対戦する機会は少ないため貴重な場面となりました。

 勝って準決勝に進んだ小池隆成選手は試合後「キツすぎたけど最高の試合でした。慶應の分も準決勝頑張ります」とツイートしました。

公式記録

OB小池隆成選手、大学ラストシーズン

 杉並少年ラグビースクールOBで東海大4年の小池隆成選手が、ラグビーライター向風見也さんの「開幕前ベストフィフティーン予想」で紹介されています。

 U17日本代表、U20日本代表、ジュニアジャパンに選ばれ、国際試合経験も豊富な小池選手は「衝突の場面で数多く顔を出す」と書かれています。豊富な運動量と献身的なプレーが高く評価されています。注目です!

OB斉藤大朗、小池隆成両選手が先発出場へ/関東大学ラグビー4日開幕

斉藤大朗選手

小池隆成選手(写真は高校時代)

関東大学ラグビーは10月4日に開幕します。各大学は2日、先発メンバーを発表し、杉並少年ラグビースクールOBの斉藤大朗選手(明治大4年)はアウトサイドCTBで、小池隆成選手(東海大3年)は左FLで、それぞれ先発出場します。応援よろしくお願いいたします。

→明治大ラグビー部の動画を見る

→東海大ラグビー部のサイトを見る

小池選手は昨季までLO。新しいポジションでの出場になりますが、発売中のラグビーマガジン11月号72ページでは「接点に強く、モールの核になる」と紹介され、東海大の木村季由監督は「チームに求められる動きをより意識するようになった」と期待を寄せます。

斉藤選手は2019ユニバーシアードの男子7人制金メダリスト。小池選手は昨年、20歳以下日本代表で活躍。それぞれの国際経験も生かして、母校の躍進に貢献します。

OB小池隆成選手、ジュニアジャパンの初優勝に貢献

 

ジュニア・ジャパンは3月14日、ワールドラグビー パシフィック・チャレンジ2020で初優勝を決めました。杉並少年ラグビースクールOBの小池隆成選手(20)=東海大2年=は最終戦のフィジー・ウォリアーズ戦に背番号5、右のロックとして先発出場し、優勝に貢献しました。

→試合結果を報じる国際競技団体「ワールドラグビー」のツイッター

ジュニア・ジャパンは2月28日からフィジーに遠征中で、トンガA、サモアA、フィジー・ウォリアーズに3連勝しました。

メンバー表

→日本協会HPに掲載された遠征レポート

OB小池隆成選手、優勝かけフィジー戦に先発出場へ/ワールドラグビー パシフィック・チャレンジ2020

杉並少年ラグビースクールOBの小池隆成選手(20)=東海大2年=が、日本時間3月14日午後0時半キックオフのフィジー・ウォリアーズ戦に、ジュニア・ジャパンの背番号5、右のロックとして先発出場します。応援よろしくお願いします。

ジュニア・ジャパンは2月28日からフィジーに遠征中で、3月6日に開幕したワールドラグビー パシフィック・チャレンジ2020で、トンガA、サモアAに連勝しました。最終戦で、優勝をかけてフィジー・ウォリアーズと対戦します。

メンバー表

→日本協会HPに掲載された遠征レポート

OB小池隆成選手がトンガA戦に先発出場へ/ワールドラグビー パシフィック・チャレンジ2020

杉並少年ラグビースクールOBの小池隆成選手(20)=東海大2年=が、ジュニア・ジャパンに選ばれました。ジュニア・ジャパンは2月28日からフィジーに遠征中で、3月6日に開幕するワールドラグビー パシフィック・チャレンジ2020に出場します。第1戦は日本時間6日午前11時半キックオフのトンガA戦。小池選手は背番号5、右のロックで先発出場します。応援よろしくお願いします。

メンバー表

→日本協会HPに掲載された遠征レポート

OB小池隆成選手、東海大全勝Vに貢献/関東大学ラグビーリーグ戦グループA

関東大学ラグビーリーグ戦グループAは11月30日、東海大が大東大を破ってリーグ2連覇を全勝で飾りました。杉並少年ラグビースクールOBで20歳以下日本代表の小池隆成選手(東海大2年)=写真は高校時代=は、17-18と逆転された直後の後半26分から左フランカーで途中出場。東海大は同32分に逆転して、27-18で逃げ切りました。

公式記録

東海大は第56回全国大学ラグビーフットボール選手権大会にシードされ、準々決勝で同志社大-筑波大の勝者と対戦します。